チャットシステムを導入して業務を円滑にしよう【導入するメリット】

記事リスト

男性

システムとその活用

社内の定型業務をワークフローシステムに乗せることで、業務改善につながる可能性が有る。ワークフローシステムを導入する際には、カスタマイズのしやすさが比較のポイントになる。それにより、自社に合った柔軟なシステム活用ができる。

PC操作

新しい経営の技術

経営管理のための新しい技術として世界中で注目されているのがフィンテックです。フィンテックは企業の経営に必要になる金融に関する情報の管理などを、IT技術を利用して行うことに大きな特徴があり、より安全な企業管理ができるようになっています。

テレビ会議

多くの面接を可能に

優秀な人材を集めるために、多くの面接を行えるようにしてくれるのが、テレビ電話面接というシステムです。ツールを提供してくれるサービス会社があるので、そちらに連絡すれば、すぐにテレビ電話面接を導入できます。

チャット

会社で使用したいツール

現在では業務用のチャットを導入する企業が増えており、これはセキュリティ上の問題や社内でのコミュニケーションのスピードを速めるためです。またスマホやタブレットを使ったアプリタイプのものもあるので、こちらも簡単に連絡を取りたい方の役に立ちます。

女性

紙や手渡しを減らせる

社内における承認業務などを効率化できるのがワークフローシステムです。多くのシステムを比較する時には、自社に合ったシステムかどうかを検証する必要があります。承認機能やセキュリティ機能が充実しているかどうかがポイントになります。

やりとりを記録する

チャット

負担の軽減にもつながる

業務を行う上でのやりとりしては、直接の会話や電話によるものと、文字によるものがあります。文字によるものとしては、書類のほか現在では電子メールやチャットなどパソコンやスマートフォンなどのコンピューター端末を用いて行うものがあります。このコンピューター端末を使ったやりとりでは、電子メールよりもチャットを使う方が業務を行う上で有利です。チャットとはチャット空間に接続している相手と短い文章で会話形式にやりとりを行うもので、擬似的にリアルタイムで会話が可能になります。業務においてチャットを導入するメリットとしては、その会話の内容が記録されることです。電話や会話によるやりとりは録音するということが難しいですし、また仮に録音したとしても、録音されたデータからどのような内容の会話が行われたかを調べることにはかなりの時間が掛かるものです。一方で電子メールは、会話というよりも文章形式になり、ひとつのファイルという形で保存されます。ファイルごとに検索するほか横断的に検索することで内容を調べることは出来ますが、文章には余分な情報が加わっているので目的のものを探し出すのは困難です。この点で業務にチャットを導入すれば、ほぼ時系列に会話内容が記録されているので、業務内容についてすばやく検索するなどして知ることができます。また情報が記録されるということは心理的にも業務を円滑に行わせることができるメリットもあります。